【安いタイヤメーカーってどこなの?】タイヤを買うならどれがいい?

安いタイヤメーカーってどこなの?

 

 

 

タイヤ交換しなきゃいけなくなったら、どこのメーカーのタイヤにしたらいいのか気になると思います。

 

安いタイヤメーカーはどこなのか?タイヤを安く買えるのはどこなのか?知りたいですよね。

 

ただタイヤ購入するのに安ければいいのか、良いタイヤを安く買いたいのかによって選び方は変わります。

 

 


そこで、安いタイヤメーカーやタイヤを安く買う方法をご紹介します。

 

 

安いタイヤメーカーとタイヤを安く買う方法

 

 

 

とにかく安いタイヤメーカーといえば海外メーカーのタイヤです。

 

少し前はNANKANG(ナンカン)やHANKOOK(ハンコック)などが安いタイヤメーカーとして有名でした。

 

現在では韓国製だけでなくタイやインドネシア、中国やマレーシア、北欧などなど、
海外メーカーの安いタイヤもどんどん輸入されています。

 

なので、安いタイヤメーカーをお探しなら輸入タイヤがおすすめです。

 

 

輸入タイヤは国産の半額以下で買えるものもたくさんあって間違いなく安く買えると思います。

 

安い理由は物価の違いにより安く作れることが挙げられます。

 

ただ、日本は四季があり輸入タイヤは四季(湿気・乾燥・雨季)を考えて作られてはいませんので、
国産の中高級グレードのタイヤに比べると劣化(ひび割れや耐久性)は早いです。

 

なので、タイヤにこだわる方は国産の中高級グレードタイヤを買うと良いと思います。

 

逆に、静粛性や高い耐久性・グリップ性能を求めない方にとっては、
安い輸入タイヤメーカーは強い味方になってくれると思います。

 

 

とにかく輸入タイヤは費用以上に元は取れると思いますので、
今履いているタイヤサイズを確認して通販サイトを見てみるといいですよ。

 

>>安いタイヤが買えるおすすめのタイヤ通販サイトはこちら

 

 

良いタイヤを安く買う方法

 

 

 

良いタイヤを買おうと思ったらやっぱり国産タイヤを選ぶべきです。

 

国産タイヤは当然ですが日本で使うために計算されて作られています。

 

日本は物価が高いので海外製の輸入タイヤに比べたら高いですが、
それでも高いレベルで価格競争していますから良いタイヤを買いたいなら国産メーカーを選びましょう。

 

 


そこで国産タイヤをできるだけ安く買う方法をご紹介します。

 

タイヤを安く買うならヤフオクやメルカリのような個人売買など通販で買えますが、
ただ商品を買うだけだと取り付けは?今まで使ってたタイヤの処分は?など悩みが出てきます。

 

近所の量販店などに持ち込めば大抵のお店は作業してくれますが、
持ち込み作業は基本的に良い顔はしませんし通常工賃ではやってくれません。

 

※大半の方がネットで安く買って持ち込まれてはお店は商売になりませんからね。

 

量販店やタイヤ交換できるお店に知り合いがいる方などは検討してみる価値はあると思います。

 

 

車屋さんや量販店に知り合いがいない方はこちらをご覧ください。

 

>>購入から取り付けまでワンストップサービスできる「タイヤフッド」

 

 

 

 

タイヤフッドはネットで安く購入して、最寄りの提携工場に送ってもらえる通販サイトです。

 

買ったタイヤは提携工場に送ってもらえるので、
お車をその工場に持って行くだけで作業してもらえます。

 

通販サイトと提携工場は連携しているので、
持ち込みで嫌な顔されることもありませんし作業予約もできます。

 

ネット通販ですがタイヤに精通したスタッフがいるので、相談しながら決めることもできますよ。

 

 

このように、タイヤフッドはネット通販で評判が良いショップなので覗いてみるといいですよ。

 

>>国産タイヤが安く買える「タイヤフッド」はこちら

 

 

また、タイヤフッドってどんなショップか知りたい方はこちらをご覧ください。
タイヤフッドの口コミは?オートバックスより安い噂は本当なの?!

 

 

 

 

 

 

 

【意外と知らない?】タイヤを安く買うとっておきの方法とは?!

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加